シリーズ攻略・解析

機種・プラットフォームによる違い

概要

ゲーム内容、追加コンテンツ、ミニゲーム、UIなどに違いはありませんが、
各プラットフォームの専用機能を中心に特徴や一部違いがあります。

機種ごとの特徴・違い

機種価格特徴・違い
PS4
PS Vita
3500PS4版とPSVita版間でのクロスセーブ対応
トロフィー対応
PS Vita TV非対応

※ PS Vita版は他のプラットフォームと比較して、
読み込み時間(ロード時間)が長くなる場面があります
Nintendo Switch 3500特になし
Steam 3500アチーブメント、トレーディングカードなどに対応
日本では11/12から配信開始されました
Windows10
Xbox One
3500実績、ヒーロースタッツ、リッチプレゼンスなどに対応
Xbox Play Anywhere対応
Android 3420対応端末:Android OS4.1 (一部端末を除く)
クラウドセーブ対応
iOS 3420対応端末:iPhone6s以降、iPad5以降、OS10以上
クラウドセーブ対応
※iOS13からの新機能「Bluetoothコントローラー」は動作保証外

スマホ版の動作環境や対応機種

詳細は、スクウェア・エニックス サポートセンターで公開されています

期間限定セール

2019年12月4日(水)まで期間限定セール中です。
元の価格の違いからセール価格も多少違いがあります。

PlayStation4、Nintendo Switch、Xbox One、Steam、Windows 10、PlayStation Vita
通常価格 3,500円(税込) ⇒ セール価格 2,800円(税込)

iOS、Android
通常価格 3,420円(税込) ⇒ セール価格 2,820円(税込)