プロローグ

ストーリーについて

本作のストーリーは前作からの続きです。
ちなみにストーリーは下記の時系列になっています。

スーパーロボット大戦F・F完結編は、第4次スーパーロボット大戦のリメイク作品です。
序盤の流れは近いが、作品の追加による影響から別物と思っていい。

プロローグ

第3次スーパーロボット大戦より 3ヶ月後・・・
相次ぐ戦乱により、地球経済は深刻な打撃を被っていた。
凶悪化するテロ行為に手を焼いた連邦政府は、ひとつの決断を示した。
それは、地球至上主義であり、宇宙移民者の切り捨てである。
地球圏の安全を確保するためという名目で、
ジャミトフ准将は秘密警察ともいうべき特殊部隊「ティターンズ」を結成、
テロ、ゲリラなどのLIC(Low Intensity Conflict、低強度紛争)鎮圧に功績をあげ中将に昇進、
連邦軍内での足場を着々と固めていった。
元DCのメンバーで構成されたティターンズは、
ロンド=ベルに代わり、連邦軍の中で重要な位置を占めるにいたった。

そうした流れの中で、連邦軍独立外部部隊ロンド=ベルは、
「ラ・ギアス事件」での一ヶ月におよぶ長期不在を理由に、その権利を奪われ、規模を縮小された。
コーウェン中将の後押しにより、何とか完全な解散だけは免れたものの、
ロンド=ベルにはかつての様な戦力はもう残っていない。
また、地球連邦の宇宙に対する監視が遠のいた事により、
DC残党であるハマーンは、ドズル=ザビの忘れ形見ミネバを旗頭に、
資源採掘用であった小惑星、アクシズにおいてノイエDCの結成準備を着々と進めていた。
従来のDCとは異なり、あくまで独裁による地球圏の経済救済を旗印にするノイエDCは、
連邦の政策に不満を持っていた宇宙移民者の協力を得、かつてのDCに近い力を持つほどに至った。

宇宙での活動力をノイエDCに奪われたとはいえ、
DCは短期間に驚くべき復興を遂げていた。
その裏には、新しく総帥代理となったドン・ザウサーとコロスの影があった。
火星を本拠に置くドン・ザウサーは、驚異的な新技術と豊富な資金を元に
再びDCを強大な組織へと復興させた。
DCの三度の復活である。
一方、追い出される形で連邦を離れたクワトロ=バジーナ大尉は、
サイド1 ロンデニオンにおいて、何者かの資金援助により反地球連邦組織「エゥーゴ」を結成、
そこを拠点とし、連邦政府に対して反旗を翻した。

ナイメーヘン士官学校を卒業した主人公は、念願叶ってロンド=ベル隊に配属となる。
父の開発した新型機、ゲシュペンストのテストパイロットとなって。
だがすでにロンド=ベルは翼をもがれた鳥となっていた。

記載について

実際のプロローグでは、LICを「LOW INTENSICYCONFLICT」と記載しています。
Low Intensity Conflictであると判断して書き換えています。