フォーメーション・ディフェンスタイプ

フォーメーション

ミーティング、ハーフタイム、試合の一時中断時では、チームデータを確認・変更することができます。

チームデータ画面で「フォーメーション」を選択すると、
4種類のフォーメーション(チーム隊形)から1つ選ぶことができる。

4:3:3

最もオーソドックスな隊形。
7、11番をウイングに置き、センタリングからシュートを狙う攻撃方法に適している。

4:4:2

全体的には下がり気味で、ツートップの9、11番を中心にカウンターアタックを仕掛けやすい隊形。
MF4人の中で8番がディフェンシブハーフにまわり、敵陣近くでは6、7番がウイングの位置に飛び出す。

3:5:2

攻撃的なフォーメーションで、MFが5人もいるので中盤は組み立てやすい。
ツートップは得点力のある選手を選び、カウンターを狙うと良いでしょう。

代わりにDFが3人しかいないので、速攻で中盤を抜けられると危険。

ブラジルタイプ

4:3:3の変型タイプで、FWの11番をMFに下げ、左ウイングの位置にスペースを空ける。
そのスペースには戦況に応じて、2、11、10番が飛び出してくる。

MFの10番が上がり気味なので、翼を10番にして積極的に攻撃参加させることができる。

バックラインはセンターバックの4、5番が同一ラインに並び、ゾーンディフェンスを行う。

ディフェンスタイプ

チームデータ画面で「ディフェンスタイプ」を選択すると、
3種類のディフェンスタイプから1つ選ぶことができる。

タイプ 説明
ノーマルタイプ プレスとカウンターの中間的な守備
プレスタイプ 中盤から囲みにいく人数を多くして、積極的にボールを奪うタイプ。
ドリブルを主体とするチームに対して威力を発揮する。
また、短時間でボールを奪わなければならない状況にも効果的

ボールに集まってしまう分、マークが甘くなるので、
パスの多いチームには向かない。
カウンタータイプ 中盤は放棄し、ゴール前を固めるタイプ。
速攻に対して効果があり、ボールを取った後のカウンターアタックも仕掛けやすい

ただし、ゴール前に集まる分、シュートは受けやすい。