キャラクター・登場人物

登場人物

本作では、海外でのプレイから始まるため、非常に多くのプレイヤーが登場します。

テクモオリジナルのキャラもいるので、そこもわかるように紹介していきたいと思います。

全日本

名前 解説
大空 翼 MF サンパウロFCキャプテン

「プロになるまでは、日本に帰らない!」という固い決意を胸に、ブラジル・サンパウロへ渡る。
その天才的なサッカーセンスは、ロベルトの指導により、さらに磨きがかかった。
また、明るい性格と、どんな逆境にも負けない不屈の精神力から日本人ながら
サンパウロFCのキャプテンも務める。
夢はもちろん日本のワールドカップ優勝だ!
岬 太郎 MF 南葛高校キャプテン

ハイレベルな個人技を武器にするテクニシャン。
フランスのダイレクトサッカーを見事に吸収し、
Jr.ユース大会での翼とのゴールデンコンビは、まさに無敵だった。
大会終了後、日本へ戻り南葛高校に入学。高校サッカー大会制覇を目指す。
若林 源三 GK ハンブルガーSVキャプテン

鉄壁のゴールキーピングから「東洋の守護神」の異名を取るキーパー。
特に気合が入った時の守りは完璧で
「ペナルティーエリア外からはゴールできない」という伝説もある。
すでに西ドイツのブンデスリーガーで、ハンブルガーと契約を済ませ、
現在では、ユースチームだけではなく大人の試合でも活躍している。
日向 小次郎 FW 東邦高校キャプテン

世界ナンバーワンストライカーを目指す野生の猛虎。
翼の最大のライバルであり、また翼のいない高校サッカー界をリードしてきたのも彼である。
激しいプレイが特徴で、目の前にいる敵は、全て吹き飛ばされる。
若島津 健 GK 東邦高校

抜群の反射神経を持つ空手キーパー。
高校サッカー界ナンバーワンキーパーであり、ゴール前でも積極的に飛び出してくる。
「キェェ~!」という雄叫びから繰り出す秘技「三角とび」も健在だ。
石崎 了 DF 南葛高校

テクニックはないが、その分ガッツでゴールを守るディフェンダー。
普段はひょうきんだが試合になると、ものすごいド根性を出す。
特に、顔面で敵のシュートを防ぐ「顔面ブロック」は、強烈なシュートも防いでしまう。
しかし、顔面に喰らった分のダメージも大きいので、たくさんのガッツを消耗する。
三杉 淳 MF 武蔵医大付属キャプテン

フィールドの貴公子。
かつて少年時代は、日本サッカー協会に一番将来を期待されたプレイヤーだったが、
心臓病の為に満足にプレイできなかった。
しかし、その華麗なテクニックは、翼や岬にも引けを取らず、特にディフェンスセンスは絶品。

武蔵では、心臓病の為に後半からしか出場できないが、
統率力のある彼が入ることにより、武蔵のチーム力がアップする。

サンパウロFC

全員がテクモオリジナルのキャラです。

名前 解説
ジウ サンパウロのエースストライカー。
ロングシュートは上手くないが、ボレー、ヘディングが得意なことから
センターフォワードを務める。
アマラウ パスカットの能力が高いディフェンダー。
また、高い浮き球に強く、ヘディングでのクリアーはチームの再三の危機を救う。
ヘディングシュートにも威力がある。
ドトール タックルの能力が高いディフェンダー。
Jr.ユースの頃からアマラウと共にブラジル代表チームのセンターバックを守ってきた。
また、低い浮き球に無類の強みを見せる。
レナート ブラジルユースの代表選考会で候補まで残ったこともある、
優秀なゴールキーパー。
バビントン MF アルゼンチンユース代表

アルゼンチン人であり、サンパウロでは翼と同じ「外人選手」である。
Jr.ユース時代、当時アルゼンチン国内で無敵を誇った
ファン・ディアス率いるアルヘンチノス・ジュニアユース。
そのチームを相手に互角に近い勝負をしたことが、
サンパウロにスカウトされるきっかけとなった。
個人技があり、特にパスが得意で、翼と共に中盤を作る。シュートも強い。

世界の強豪

名前 解説
ファン・ディアス MF アルヘンチノス・ジュニアユース アルゼンチンユース代表

ポスト・マナドーナとされるアルゼンチン・サッカー界の天才児。

スピード技が得意でドリブルで相手を抜きまくる。
特に調子が乗っている時のドリブルは凄まじく、敵のキーパーまで抜く荒業は、
「8人抜きドリブル」と言われ、恐れられている。
エル・シド・ピエール MF ボルドー フランスユース代表

華麗なテクニックでフランスの芸術的なサッカーをリードする。
国際Jr.ユース大会の時、優勝を狙っていたが、日本の攻撃サッカーに粉砕された。
それ以後、打倒日本に執念を燃やす。
カール・ハインツ・シュナイダー FW バイエルン・ミュンヘン 西ドイツユース代表

ドイツ最高のゴールゲッターと言われ、カイザー(皇帝)の異名を持つ。
早くもプロ契約を済ませ、バイエルンで活躍中。
ハンブルガーSVの若林とはライバルである。
逆境に強く、やられたら必ずやり返す。怒った時の彼は恐ろしい存在だ。
カルロス・サンターナ FW フラメンゴ ブラジルユース代表

※本作の発売時点では原作に登場していない人物。
そのため、原作とは人物像が異なる。


世界一のタレントの宝庫であるサッカー王国ブラジル。
その中でも現在、若手ナンバーワンとされているのが、カルロス・サンターナ。
彼に対するジャーナリストの評価は非常に高く、
中には「ペレの再来」、「ジーコの後継者」という声も挙がっている。

それだけにカルロスのテクニックは神技的で、
地元ブラジルで開催されるワールドユース大会には彼に全国民の熱い期待がかかる。
アルツール・アンチネス・コインブラ テクモオリジナルのキャラクター

ロベルト本郷曰く「完成されたスーパーストライカー」
本作のサブタイトルである「スーパーストライカー」の名を冠するラスボス的なキャラ。
ブラジル代表の背番号10を与えられ、ワールドユース決勝の後半から登場する。

ちなみに実在しているジーコの本名が「アルトゥール・アントゥネス・コインブラ」