ストーリー紹介・シリーズ時系列・考察

ドラゴンクエストシリーズの時系列

※後のシリーズに関する内容を解説するため、ドラクエ3のエンディングに関する内容が含まれます。

ドラゴンクエストは1、2、3が、「ロトシリーズ」として繋がりがあります。
時系列は DQ3→DQ1→DQ2 の順です。

シリーズ 解説
DQ3 ゾーマを討伐するとラダトームのラルス王から、
自国に伝わる真の勇者の証である「ロト」の称号が与えられる。
アレフガルドの英雄となった勇者は宴の後、姿を消しますが、
残していった勇者の装備はロトの名を冠して後世に伝えられた。

武器(王者の剣):ロトのつるぎ
防具(光の鎧): ロトのよろい
せいなる守り:ロトのしるし
DQ1 DQ3から100年後の世界
ただし、公式ガイドブックでは400年前と考えられる記載もあり、
DQ3のラルス1世、DQ1のラルス16世という世代数を考えると400年が妥当とは思う

舞台は、DQ3では地下の世界であった「アレフガルド」
DQ2 DQ1から100年後の世界

DQ1の勇者とローラ姫が旅立ち、新天地で国を築く。
その後、国は3つの姉妹国に別れ発展していく。
各国の王子・王女はロトの血を受け継いでいる。

ローレシア
サマルトリア
ムーンブルク

ドラゴンクエスト3の物語

その昔、世界中を治めていたアリアハンの国。
のちに戦争によって小さな国となってしまいましたが、人々は幸せな日々を過ごしていました。
今より10数年前、魔王バラモスが現れるまでは……

その後、アリアハンにその人ありといわれた勇者オルテガが、
魔王討伐の旅に出かけましたが、その途中火山に落ちて、命を断ったと伝えられています。

そして今ここに、国王の待つ城へ向かう、一人の若者の姿があります。
この若者こそ、あの勇者オルテガの子供だったのです…!

亡き父の遺志を継ぎ、冒険の旅に出るという若者に国王は重大な任務を命じました。
魔王バラモスを倒してまいれ!……と

プロローグ

ゲームスタート前のデモでは、以下のシーンを見ることができる。

主人公(勇者)が生まれる時のシーン
オルテガが魔王討伐の旅に出るシーン
オルテガの冒険シーン
オルテガが火口に落ちて行方不明になるシーン
アリアハンで王様や勇者の母がおり、オルテガ不明の報告を受けるシーン

海外版のドラゴンクエスト3

日本で発売されたFC版「ドラゴンクエスト3」は、
起動後、シンプルなタイトルが表示されたら、冒険の書の画面になります。

海外で販売されたFC版「Dragon Warrior 3」では、
起動時のデモでオルテガが行方不明になるシーンが追加されています。