シリーズ攻略・解析

世界観・ストーリー

プロローグ

かつて、世界がまだ暗黒に閉ざされていた頃、
マナの女神は、世界を滅びに導く8つの厄災の化身である「神獣」を
「マナの剣」によって打ち倒し、8つの要石の中に封印した。
かくして闇は去り、世界は創造された。

マナの女神は、樹に姿を変えて眠りにつき、長い年月が過ぎ去った・・・・
しかし、8つの要石から再び神獣を解き放ち、神をも超える力を手に入れ、
世界を我が物にしようと企む者達によって争いが起き、平和は終わりを告げた・・・・
地上からは急速にマナが失われ、マナの樹も枯れ始めた・・・・

トライアングルストーリー

世界にはフォルセナとアルテナ、ローラントとナバール、ウェンデルとビーストキングダムという
中立国と強国の国同士でも争いの構図が存在しています。

トライアングル(三角形)のように関わり、世界を形成しています。
従って、どの国に所属しているキャラクターで冒険を始めるかによって、ストーリー展開が異なります。

国家の位置・関係・状況

この世界では、3つの強国と3つの中立国が存在します。
この6大国家の位置・関係・状況などを解説していきます。

国家 立場 侵攻先 解説
魔法王国アルテナ 強国 フォルセナ 世界の最北端、ウィンテッド大陸北西に位置する極寒の地
マナエネルギーの低下により、理の女王が保つ温暖な気候も限界に来ている

各国のマナストーンを解放し、エネルギーを得るため、
手始めにフォルセナを狙っている。
ビーストキングダム 強国 ウェンデル ファ・ザード大陸西部に広がる月夜の森周辺に住む獣人たちの国

獣人はこれまで人間に迫害を受けていたため、復讐としての側面が強い。
人間を見返すため、獣人王は人々の精神的支柱である
聖都ウェンデルを侵攻先に選んだ。
砂漠の要塞ナバール 強国 ローラント ファ・ザード大陸の南東に広がる砂漠地帯に拠点を置く盗賊団

要塞では水不足が深刻となり、水の豊富な土地への移動、
盗賊団解散、王国建国を計画している。
そして、ローラント城への侵攻を開始する。
草原の王国フォルセナ 中立国 ファ・ザード大陸北西部に位置する王国。
北にはミスト山脈、南には大地の裂け目という自然の要塞に守られた場所にある

かつては友好関係であったアルテナに狙われている。
聖都ウェンデル 中立国 大陸の中央に位置する巨大な都市。
光の司祭を中心としてマナの僧侶たちによって治められている。
風の王国ローラント 中立国 ファ・ザード大陸北東部の山岳地帯に王城を構える王国
バストゥーク山に住む守護神「翼あるものの父」に仕える
アマゾネス軍団によって平和が保たれている