マルディアスの神々

マルディアスの神について

本作の世界「マルディアス」には、正しき神や邪神など様々な神が存在し、信仰の対象となっています。
また、古代の神々の多くはこの地から去っている状況です。

本作の世界観を知るための参考になったら幸いです。

古代の神々

名前の記載は見当たらないが他にも神々がいたようです。

解説
マルダー
Marda
マルディアスの創造神。「マルディアス」の名はマルダーから取られている。
神々の争いの後、崩壊したマルディアスを見捨て、この地を去った。
サイヴァ
Sayva
創造神マルダーの妻の破壊女神。
他の神々と戦いを起こし、1人で互角に戦うが、自らが生み出したエロールに滅ぼされる。

マルディアスの神々

シンボル 象徴色 パワー 解説
エロール
Elore
太陽
白い円盤
白、金色 神々の父にして太陽神、神の王と呼ばれる最後の古代神。
破壊神サイヴァの小指の先から産み出された。
小指には唯一良心が残っていたため、エロールは善そのものであった。
サイヴァを滅ぼした後、ニーサと共に世界の復興のため新しい神々を産んだ。
ニーサ
Nieca
麦の穂、小石 小麦色
土色、緑
大地と豊穣の女神。ローザリアでは特に崇拝者が多い。
エロールの妻として多くの神を産み、「偉大な母」とも呼ばれている。
ウコム
Ukkom
青い波 エメラルドグリーン 水、風 風雨を司る海神。
そのため船乗りにとって重要な神とされ、海の近くに寺院が多い。
特にエスタミルとメルビルにある寺院が大きい。
シリル
Siril
樫の木
樫の葉
ライトグリーン 水、風、気 森と植物の神。
寺院や神殿はなく、信奉する僧侶は森で静かに暮らしている。
エリス
Elith
銀の円盤

獣の牙
白銀 光、気、幻 銀色の月の神とも呼ばれる獣たちの神。
寺院もなく、特別な崇拝者はいないが、
狼の群れに佇む僧侶を見たという者がいる。
アムト 赤い円盤
ルビー
光、気、幻 赤い月と愛の女神。赤い月は「恋人たちの月」とも呼ばれ、
その下で誓った愛は必ず成就すると言われている
ミルザ
Mirsa
輝く剣を持った
銀色の小手
正義を司る戦士の神。元は人間でサルーインを封じた伝説の英雄。
死後、エロールが天界に引き上げて神々の一員に加えた。
ローザリアと騎士団で人気の神。

邪神

古の戦いにより敗北したサイヴァの四散した体から生まれた。

シンボル 象徴色 パワー 解説
デス
Des
黒地に白い骨 ボーンホワイト、黒 3邪神の長兄で、「死者の王」と呼ばれる。
サイヴァの骨から生まれ、死を司る。
エロールとの闘いで、トマエ火山地下の冥府に封印された。
不死を求める者たちに秘かに崇拝されている。
サルーイン
Saruin
赤地に黒い心臓 ブラッディレッド、黒 邪、闇 3邪神の中で最も邪悪で最も危険な破壊神。
サイヴァの心臓から生まれた。
神々を憎んでおり全ての破壊を目的としている。
シェラハ
Sherah
黒い円盤 3邪神の末妹(まつまい)。闇の女王と呼ばれる。
サイヴァの髪から生まれ、魔力が最も強い。
エロールは「ダイヤモンド」の指輪を付けさせ、闇の力を封じた。
さらに記憶を失い「シェリル」という一人の女性となって世界を彷徨っている。