登場キャラクター紹介

登場キャラについて

本作ではライト博士が制作したロボットが多く登場します。
ライト博士が作成したロボットには「Dr.Right Numbers」を表す「DRN.XXX」というが付けられている。

6体のボスキャラクターも、ライト博士によって作られたロボットだが、
ワイリーに改造され暴れるようになってしまった。

DRN.001 ロックマン

本作品の主人公。
ライト博士に作られた家庭用お手伝いロボットの「ロック」が、
平和を守るため、本人の希望で戦闘用に改造してもらい「ロックマン」となった。
海外版では「Mega Man」という名前になっている。

戦闘時には腕を「ロックバスター」という武器形態に変形できる。

DRN.002 ロール

家庭用の女の子型お手伝いロボット。ロックマンとは兄弟のようなもの。
本作ではエンディングでのみ登場し、「ロール」という名前が出ることはない。

DRN.003 カットマン

森林伐採用のロボット。頭のカッターは大木を真っ二つにするほどよく切れる。
ロックの弟的存在であった。

DRN.004 ガッツマン

土木作業用ロボット。パワーがあり、2トンの岩を持ち上げることができる。

DRN.005 アイスマン

南極大陸探査のために造られた寒冷地作業用のロボット
口から零下200℃の「アイススラッシャー」を吐き、何でも凍らせることができる。

DRN.006 ボンバーマン

岩盤破壊用ロボット。強力爆弾、ハイパーボムで壊れない岩はない。

DRN.007 ファイヤーマン

廃棄物処理用ロボット。
武器は8000℃の炎を放射する「ファイヤーストーム」

DRN.008 エレキマン

発電所の電圧を制御するロボット。
サンダービームでショートさせられたロボットは数知れない。

Dr.ライト

本名は「トーマス・ライト」
ロボット工学の第一人者であり、ロックマンの生みの親。
本作ではエンディングでのみ登場する。

Dr.ワイリー

本名は「アルバート・W・ワイリー」
ライト博士とは大学時代からの旧友であり、ライト博士に及ばず、2番手のポジションであることに不満を持っていた。
突然行方不明になった後、ロボット工場を建設して、世界征服を企むようになった。