忍者龍剣伝

キャラクター紹介

登場キャラクター

キャラクター 人物説明
リュウ・ハヤブサ 本作の主人公。
代々、忍者の家系であるハヤブサ家に生まれる。
決闘に敗れて散った父の遺言に従い、仇を討ちにアメリカへと旅立つ。
ジョウ・ハヤブサ リュウ・ハヤブサの父親。「影の邪神像」を所持。
リュウに龍の一族秘伝の龍剣と手紙を残し、マルスとの決闘へ向かい敗れる。
アイリーン・ルー アメリカへと渡ったリュウが、酒場で出会うことになる謎の女。
その正体はCIAの秘密工作員。
ウォルター・スミス 元考古学者でジョウ・ハヤブサの友人。
邪神に関わる謎の神殿を調査し、2つの邪神像を発見。「光の邪神像」を所持。
フォスター 年齢は若いがCIAで秘密工作班の指揮をとるという大物。
事件の大筋を知っており、あることをリュウに依頼する。

敵キャラクター

キャラクター 人物説明
邪鬼王 本名はガルディア・ダ・ミュー。
「邪鬼王」と名乗り、アマゾン奥地の神殿を占拠する。
邪神 アマゾン奥地の神殿に封印されている恐るべき呪力を持つ邪神。
七百年の眠りから目覚めようとしている。