キャラクター紹介

登場キャラクター

キャラクター 人物説明
リュウ・ハヤブサ 本作の主人公。
代々、忍者の家系であるハヤブサ家に生まれる。
決闘に敗れて散った父の遺言に従い、仇を討ちにアメリカへと旅立つ。
ジョウ・ハヤブサ リュウ・ハヤブサの父親。「影の邪神像」を所持。
リュウに龍の一族秘伝の龍剣と手紙を残し、マルスとの決闘へ向かい敗れる。
アイリーン・ルー アメリカへと渡ったリュウが、酒場で出会うことになる謎の女。
その正体はCIAの秘密工作員。コードネームは「シースワロー」
ウォルター・スミス 元考古学者でジョウ・ハヤブサの友人。
邪神に関わる謎の神殿を調査し、2つの邪神像を発見。「光の邪神像」を所持。
フォスター 年齢は若いがCIAで秘密工作班の指揮をとるという大物。
事件の大筋を知っており、あることをリュウに依頼する。

敵キャラクター

キャラクター 人物説明
邪鬼王 本名はガルディア・ダ・ミュー。
「邪鬼王」と名乗り、アマゾン奥地の神殿を占拠する。
邪神 アマゾン奥地の神殿に封印されている恐るべき呪力を持つ邪神。
七百年の眠りから目覚めようとしている。
ケルベロス ステージ4のボス。黒ミサのいけにえとして捧げられた邪鬼王の飼犬。
その結果、悪魔の化身となったが、今なお忠実な下僕として邪鬼王を守護する。

四殺狂魔陣

邪鬼王によって選ばれた四人の刺客

キャラクター 人物説明
バーバリアン ステージ1のボス。四殺狂魔陣の切り込み隊長。
ブラジルの奥地に潜み、原住民から「殺人狂」と恐れられる。
大きなオノを振り回して攻撃してくる「南米の死刑執行人」
ボンバーヘッド ステージ2のボス。アメリカのサウス・ブロンクスという地区に捨てられ、彼の運命は大きく変わった。
現在はニューヨーク闇の帝王として君臨する。
鎖鎌を使った攻撃が得意。四殺狂魔陣の参謀格。
バーサーカー ステージ3のボス。中国における全ての拳法を体得した武芸の達人。
殺人結社「五山峰黒竜闘技団」の幹部だったが、残忍極まりない性格のため、追放される。
だが、その残忍さを邪鬼王に認められ、四殺狂魔陣に加えられる。
ブラッディマルス 四殺狂魔陣の首領格。北欧に伝わる「呪われた血の鉄仮面」と「死神の盾」を身にまとっている。
若い頃、東洋哲学を学ぶうちに、日本の武芸に関心を持ち、今では東洋の秘術を使いこなす。