フォーメーション・ディフェンスタイプ

フォーメーション

オーソドックス(4-3-3)

DF4名、MF3名、FW3名といった配置。
選手が均等にフィールドへ配置されているため、攻守のバランスが良い。

両サイドから攻め上がってセンタリングという戦術の場合に使おう。

ツートップ(3-5-2)

DF3名、MF5名、FW2名といった配置。
中盤を厚くしてボールの支配率を上げたいときに使おう。

攻撃のメインは9・11番に配置しよう。

ブラジルタイプ(4-3-3)

非対称4-3-3フォーメーション。

11番はMFに配置、攻撃の際は空いた左サイドに2番が上がってくる。
中央か右サイドからがメインの攻撃となるので、突破力のあるサイドがいる場合に使用すると良い。

オールスターでカペロマンなど、突破力のあるサイドがいる場合、
または9・10番でワンツーを使った攻撃をする場合に良いかもしれない。

ディフェンスタイプ

タイプ 説明
ノーマル プレスとカウンターの中間的な守備
プレス 複数人で相手のボールを奪いに行く。
早めのボール奪取が狙えるが、パスの多いチームには向かない戦術
カウンター FW以外は下がってボール前を守備する。
ゴール前でボールを奪いカウンターを有利にする戦術