地形適応・マップ・移動タイプ

総合地形適応

ユニット・パイロットにはそれぞれ「地形適応」というものが設けられており、
これを平均(端数切り捨て)したものが総合地形適応としてステータス画面に表示される。
A=4、B=3、C=2、D=1、-=0 のように内部では数値が設定されていて
たとえばパイロット適応A、ユニット適応Bだとすると (4+3)/2=3(端数切り捨て) → 総合地形適応B となる
総合地形適応は攻撃力、防御力に影響する

総合地形適応 補正値
A 120%
B 100%
C 80%
D 60%
- 0%

武器の地形適応

武器にも地形適応が設けられており、攻撃力に影響する。
注意点は、攻撃を受ける側の地形で計算されることです。

武器地形適応 補正値
A 100%
B 70%
C 40%
- 0%

武器の種類による地形適応

武器の種類は、格闘、射撃、格闘射撃と3種類あり、これが地形適応に影響する。

ややこしいのは格闘武器は反撃側の地形を参照しているということです。
イメージとしては攻撃側(先攻)が相手に近寄って攻撃をして、その場所にいたまま反撃されているという感じ
必殺烈風正拳突きは格闘射撃なので注意(ダブルブリザードで自分側の地形に吹き飛ばしてるイメージ)

武器種類 格闘 射撃 格闘射撃
該当する武器 射程1で直接攻撃を行う武器 射程2以上の武器
射程1~Xの武器
射程1で射撃を行う武器
主な武器 ビームサーベル
大雪山おろし
シャインスパーク
必殺烈風正拳突き改
ビームライフル
ファンネル
トマホークブーメラン
バルカン
スマッシュビーム
ゲッタービーム
必殺烈風正拳突き
参照ステータス 近攻撃 遠攻撃 近攻撃
ユニットの参照地形 反撃側(後攻)の地形
自分の地形 自分の地形
武器の参照地形
攻撃を受ける側の地形

格闘武器の場合は、画像のように「反」マークが付いている方の地形で戦っているということです

マップの種類

マップによる出撃可能移動タイプ、地形適用などをまとめています

マップ 出撃可能な移動タイプ 備考
地上、火星、コロニー内 陸、空、水、水陸 火星やコロニー内も地形適応は地上と同じものが適用される
高空(キリマンジャロの嵐) 空中なのに地形適応は「陸」が適用される
宇宙 陸、空、水陸、宇宙 1マス移動する毎にEN1消費する。
陸、空、水陸、宇宙 移動関連や地形適応は地上と同じものが適用される
移動タイプ「宇宙」は空中で出撃となり、降りる事はできない

ユニット移動タイプ

移動タイプ 説明
地上を移動する。深海には移動できない
空中を移動する。地上の地形をコスト1で移動できるが、地形効果が適用されない。
1マス移動する毎にEN1消費する。
川、海、深海をコスト1で移動できる。
水陸 地上や川、海、深海を移動する。森や砂漠ではコスト3もかかる
地中 地中をコスト1で移動できる。「陸地中」のように他の移動タイプと必ず組み合わされている
移動可能地形:平原、林、森、低木、ガケ(斜面)、荒地、岩 、丘、砂地、砂漠、月面、クレーター
宇宙 宇宙空間を移動する。地上には出撃できない