解析・計算式

ダメージ計算式

ダメージ =
武器攻撃力 * 武器地形適応 * パイロット攻撃力/100 * 気力/100 * 総合地形適応
- 装甲 * 気力/100 * 総合地形適応 )* 地形の防御修正


※どんなに攻撃力が低くても最低ダメージは10

左半分が攻撃側右半分が防御側のステータス値です。
武器地形適応:A=1.0、B=0.7、C=0.4、-=0
総合地形適応:A=1.2、B=1.0、C=0.8、D=0.6、-=0

命中率計算式(後期ROMで確認)

命中率(%) =
(武器命中 + 限界(命中+運動性) + 直感 + 100 - 限界(回避+運動性) - 直感) * ユニットサイズ補正 * 地形命中補正

左半分が攻撃側右半分が防御側のステータス値です。
ユニットサイズ補正:S=0.8、M=1.0、L=1.2、LL=1.4

その後、集中→撹乱→回避→必中→ひらめき の順に処理され、最終的な命中率が決定される。

クリティカル発生率(後期ROMで確認)

自軍・敵軍によってクリティカル発生率の計算式が異なる。

自軍のクリティカル率(%) = (攻撃側技量 - 防御側技量 + 武器のクリティカル補正) / 2
敵軍のクリティカル率(%) = 攻撃側技量 - 防御側技量 + 武器のクリティカル補正

※計算結果が0以下の場合は、クリティカル発生率 = 1%

攻略本によっては敵軍のみクリティカル発生率が 1/2 にされてると書いてあるが、
実際は異なり、自軍が 1/2 にされている状況でした。

経験値計算式(後期ROMで確認)

獲得経験値 = (敵パイロットの基本経験値 + 敵ユニットの基本経験値)* レベル差ボーナス

※端数は切り捨て
※レベル差ボーナスは、MAP兵器で複数撃墜した場合は、その中で一番Lvの低いパイロットで計算する
調査の一部をブログに掲載してるので気になる方は参考にしてください

敵Lv - 攻撃側Lv レベル差ボーナス
8以上 5
7 4.5
6 4
5 3.5
4 3
3 2.5
2 2
1 1.5
0 1
-1 1/2
-2 1/4
-3 1/6
-4 1/8
-5 1/10
-6 1/12

修理装置の回復量(後期ROMで確認)

回復量 = パイロットLv*60 + 500

ただしこの回復量には上限があり、使用側ユニットの最大HPが上限になっている

近攻撃・遠攻撃(後期ROMで確認)

攻撃の際、パイロットステータスの近攻撃と遠攻撃は、使用する武器の射程によってどちらかが採用される
要は射程1の武器には近攻撃、他は遠攻撃が適用される
射程1の武器はビーム兵器のようなものであっても近攻撃が採用される

武器の射程 採用されるステータス
1 近攻撃
2以上 遠攻撃
1~X 遠攻撃

ユニット出現位置

敵増援などのユニット出現位置に他のユニットがいる場合、
出現位置の上、下、左、右の優先順位でズレて出現する
※1パターンしか確認してないので、もし違うなと思った場合はブログなどで教えてください