登場キャラクター紹介

DRN.001 ロックマン

本作品の主人公。
世界征服を企むワイリーが、新たにロボットを作り出したため、戦いに挑むことになる。

DRN.002 ロール

家庭用の女の子型お手伝いロボット。ロックマンとは兄弟のようなもの。
ファミコン版では登場しない。PS版のナビモードにのみ登場する。

DWN.009 メタルマン

ワイリーとしては初製作となる戦闘用ロボット。DRN.003カットマンをベースに製作されたといわれる。
セラミカルチタン製の回転ノコギリ「メタルブレード」を投げてくる。

DWN.010 エアーマン

空中戦闘用ロボット。
腹部の大型プロペラで強風を起こして行動を封じ、
腕部には「エアーシューター」という小型の竜巻を発生させる特殊武器を持つ。

ニコニコ動画で流行った「エアーマンが倒せない」という曲は、
エアーマンを元ネタに作られた同人作品です。
※ゲーム内のBGMをアレンジしたものではありません、オリジナルの楽曲です

DWN.011 バブルマン

ワイリーが初めて造った水中戦闘用ロボット。
水中を歩くことができないという欠陥があり、ジャンプして移動する。
腕部からは銛状の弾を撃ち、頭部からは地面を沿って進む特殊武器「バブルリード」を発射する。

DWN.012 クイックマン

DRN.008エレキマンの特徴であった高速移動を受け継ぎ、特化させたロボット。
腕部に装着された特殊武器「クイックブーメラン」で攻撃を行う。

DWN.013 クラッシュマン

DRN.004ガッツマンとDRN.006ボンバーマンの特徴を受け継いだロボットで、「歩く弾薬庫」と呼ばれる。
両腕から特殊武器「クラッシュボム」という爆弾を発射する。

DWN.014 フラッシュマン

「時間を制する」をテーマに完成させた傑作。
特殊武器「タイムストッパー」は短時間ではあるが時間を止めることができる。
腕部には、連射性能の高いバスターを装備している。

DWN.015 ヒートマン

DRN.007ファイヤーマンの特徴を受け継いだロボット。
特殊武器「アトミックファイヤー」は、最高出力12000℃にも及ぶ高熱を発生させ、自身を炎の塊にして突進する。

DWN.016 ウッドマン

森林での戦闘を想定して作成されたロボット。
素材は天然の檜を特殊コーティングしたものが使用されている。
特殊武器「リーフシールド」は自身を守ったり、攻撃にも使用してくる。

Dr.ライト

本名は「トーマス・ライト」
ロボット工学の第一人者であり、ロックマンの生みの親。
本作ではアイテム1~3号が完成したときのメッセージでのみ登場する。

Dr.ワイリー

本名は「アルバート・W・ワイリー」
世界征服を企む天才科学者。

前作ではライト博士が作ったロボットを改造していたが、
今回は自身で制作した8体のロボットで戦いを挑む。
ロボットには「Dr.Wily Numbers」を表す「DWN.XXX」というナンバーが付けられている。