エンディング

エンディングの変化について

本作ではラスボスを倒した際に、どのキャラが生存していたかによってエンディングが多少異なります。
基本的には戦闘不能になったキャラに関するセリフが変わったり、シーンがカットされたりします。

エンディングパターン表

ここでの戦闘不能とは、戦闘不能・ゾンビ・石化いずれかの状態のこと。
No.0は通常プレイでは見ることができない状況です。

Noバッツレナクルルファリス手紙
0戦闘不能戦闘不能戦闘不能戦闘不能クルル
1生存戦闘不能戦闘不能戦闘不能バッツ
2戦闘不能生存戦闘不能戦闘不能レナ
3生存生存戦闘不能戦闘不能バッツ
4戦闘不能戦闘不能生存戦闘不能クルル
5生存戦闘不能生存戦闘不能バッツ
6戦闘不能生存生存戦闘不能レナ
7生存生存生存戦闘不能バッツ
8戦闘不能戦闘不能戦闘不能生存ファリス
9生存戦闘不能戦闘不能生存バッツ
10戦闘不能生存戦闘不能生存レナ
11生存生存戦闘不能生存バッツ
12戦闘不能戦闘不能生存生存ファリス
13生存戦闘不能生存生存バッツ
14戦闘不能生存生存生存レナ
15生存生存生存生存クルル

シーンの詳細について

全16種類のパターンを紹介しましたが、それぞれはそこまで大きく違いはないので、
全員生存と、誰かが戦闘不能になったものをいつくか見れば十分だと思います。

特殊なシーン

全員生存のエンディングでは見れない短いシーンがあります。

それはレナかファリスが手紙の送り主の場合で、
タイクーン城「飛竜の塔」で、手紙の送り主が話すシーンです。

手紙の送り主の優先度は、全員生存時を除いて、
バッツ>レナ>ファリス>クルル の順になっています。
つまりバッツは必ず戦闘不能にしないと見れない。