登場キャラクター紹介

勇者(主人公)

本作の主人公。DQ3の勇者ロトの子孫。

グラフィックの関係でカニ歩きだが、剣や盾を装備すると、
剣や盾を持ったグラフィックに変化するという工夫はされている。

生い立ちが不明のため、人によってはロトの血を継ぐものと信じてくれないこともある。
アレフガルドで生まれたのか、
もしくはロトはアリアハンに帰れた可能性もあるので、上の世界から来たのかもしれない。

通常は喋ることはないが、唯一エンディングで彼の言葉を聞くことができる。

勇者ロト

DQ3の主人公。
アレフガルドの上にある世界の住人で、かつて大魔王ゾーマを討伐し、アレフガルドに平和をもたらした。
本作では登場しないが、ロトの洞窟に彼がメッセージを書き残した石版が眠っている。

ラルス16世

アレフガルドを治めるラダトームの国王。ローラ姫の父親。
これから竜王討伐へと向かう勇者に、120Gと松明を支給してくれる。
かなり少ない気がするが竜王が現れてから資金難なのかもしれない。

ローラ姫

ラルス16世の娘で、本作のヒロイン的な立場。
ゲーム開始から半年前、竜王の手先によって連れ去られ、マイラ南の沼地の洞窟に閉じ込められている。

選択肢無限ループの使い手で、決して断ることは許されない。意志の強い娘のようです。
勇者とローラ姫の子孫がDQ2の主人公達である。

竜王

本作のラスボス。
ラダトームから光の玉を奪い闇に閉ざしている。
また、ドムドーラを滅ぼし、ローラ姫を攫っている。

最初は人型の魔道士のような風貌だが、正体は巨大な竜。
その爪は鉄を引き裂き、吐き出す炎は岩をも溶かす。
そして鱗は鋼のように硬い。

実はDQ3に登場した「竜の女王」の子孫である。

ぱふぱふ娘

リムルダールで声をかけてくる。
「はい/いいえ」などの選択肢は出ないので、実際にしてはもらえない。

SFC版のリメイクだと、マイラでしてもらえるようになっている。