ストーリー

このページではアクトレイザーの世界観について紹介しています。

ゲーム開始前の世界

はるか昔、世界は混沌としていた。

人々の平和を守り、慈しむ神。
暗黒の中から、人々を脅かそうとする魔王「サタン」。
地上に住む人々は、神を崇め、魔王に怯えながら暮らしていた。

神と魔王は対立していたが、その力は五分と五分。
世界は、混沌ながらもバランスを保ちながら動いていた。

侵略と破壊。それが魔王の目的であり、
世界を手に入れること。それが魔王の願いであった。

しかし、自分の力だけでは神を倒すことができない。

魔王は、忠実な、そして邪悪な力を持った六匹のしもべに命じた。
神を倒し、世界を手に入れることを。

世界はまだ静かだったが、そのバランスは、徐々に暗く傾いていった。

その日、暗闇の中から舞い上がった魔王たちは、神の住む天空城をめざした。

魔王の攻撃を知った神は勇敢に戦った。
だが、魔王とそのしもべの前に、その力の差は圧倒的であった。

一週間に渡る戦いの末、傷付いた神は天空城に逃げ込み、最後の力を振り絞ってその居城に結界を張った。
それが、戦いで力を消耗した神にできる、唯一のことだった。

神は、傷を癒し、力を取り戻すために深く長い眠りについた。
世界から、神の力は消滅したのだ。

すでに対立するものはなく、魔王たちは心おきなく地上を侵略した。
神の加護を失った人々は、魔王たちの前に為す術もなく逃げまどい、やがて、ほとんどの人々が魔物に変えられてしまった。

魔王は地上を六つに分け、それぞれを六匹のしもべに支配させた。
地上は荒れ果て、かつて、神をあがめるために作った石像だけが、人々の存在したことを物語っていた。

ゲーム開始時

地上が悪魔の手に落ちて数百年後、天空城で静かに横たわっていた神が目を覚ました。

だが、魔王との戦いで受けた傷は癒えたものの、
人々が絶滅し、信仰心が消えた今となっては、昔のような力は残っていなかった。

神は嘆いた。
地上を、人々を魔王に奪われたことを。
自分に力がなかったことを。

深い悲しみのなかで、神は魔王を倒し地上に平和を取り戻すことを決心した。

やがて結界を解いた天空城は、滑るように空を動き始めた。
地上にうごめく魔の力を倒すために……。

エンジェルからのメッセージ

今や地上は魔物だけが蔓延る荒廃した土地となっています。
これも神様の力を封じ込めた魔王「サタン」の仕業と言えましょう。

神様が元の力を取り戻すには、人間達の信仰心が必要となるのですが、
まずは人間を住まわせる土地を作るため、地上へ魔物と戦いに赴きましょう。