攻略チャート

ジョアン・フェレロ

攻略アドバイス

ジョアンは交易、冒険、戦闘に関わるイベントがあり、イベントが多い分難易度は高めです。
しかし、仲間になる航海士の能力値が高く、イベントの多さゆえにゲームシステムの説明も多いので、
まずはジョアンでプレイしてみるといいかなと思います。

交易

ゲーム開始直後は、リスボンのオリーブと、マディラの砂糖で2点間貿易を行うのがオススメです。
エンリコの勧める岩塩と陶磁器のだと交易品のカテゴリが異なるため、
相場が変動してしまい利益が出にくくなる。

船の購入

より交易品を多く積むために船を購入してみましょう。
新造は造る日数がかかるので、序盤は中古を買えばいい。

交易を行っているついでに、造船所の中古を確認しましょう。
マディラでは、軽ガレーを金貨1100程度で購入することができます。

購入したら、改造の積載割合をやってみましょう。軽ガレーなら金貨140でできます。
積載割合では、水夫・武器の容量を変更することができます。
水夫5、武器0と最小にすると、その分積み込みスペースが空きます。

ゲームスタート

ポルトガル首都リスボンから物語は始まります。

まずは酒場の上にある、自分の屋敷に戻りましょう。
父であるレオン・フェレロからプレステ・ジョアンという国を見つけ出す命を受けます。
この際に、老航海士ロッコが仲間になります。

その後は、以下の場所で下記のイベントがあるので、全て見ておきましょう。
各システムに関しても説明があるので、ここで覚えておくといいです。

場所 種類
酒場 カルロータから金貨1000を受け取る。
ルチアが、ジョアンの母と連絡を取ってくれる
アイテムショップ 店員からレイピアを受け取る
基本コマンドの「アイテム」から装備しておきましょう
教会 フェリペ司祭からの依頼で、エンリコ神父をジパングに連れて行くことになる

再度、教会に入り直すと司祭から金貨1000を提供され、選択肢になる。
金貨1000を諦めるだけで運100が得られるのはお得なので、
寄付するのがおすすめです。

受け取る:金貨1000が手に入る
寄付する:ジョアンの運が100になる
断る:特に何もない
造船所 カラベル・ラティーナ級の船「ヘルメスⅡ」が手に入る。
水夫も20人用意されている。
水夫コマンドの「船内配置」で運航50%、視認50%にしておくといい。
※甲板は戦闘要員なので、戦わない序盤では必要がない
ジョアンの屋敷 ルチアがジョアンの母と連絡を取ってくれた場合、
22:00~23:30の間に屋敷に入ると、母から「銀の髪飾り」をもらえる

港に行くと、これからの進み方の話になります。
エンリコ神父を主計長にする選択肢を選ぶと、ロッコが副長、エンリコが主計長になります。
間違えて断っても、後で人事変更で指名することはできます。

ここからはしばらく交易を行ってお金を貯めましょう。
リスボンから南西に進むと、小さい島に「マディラ」という港があります。

密航者「ドミンゴ」

洋上で3日過ごし、次の日付変更時にイベントが発生する。
洋上で3日以上経過させる必要があるので、遠出をしてみるか、陸地に上陸して3日間待機すればいい。

ロッコが船内に密航者を発見する。
密航者は本名は語らず「ドミンゴ・マニャーナ」と名乗ることになります。

このイベント以降から次のイベントが発生するまでは、毎月1日~4日23:30までに自宅に戻ると、
マルコから金貨1000がもらえるようになる(母親から預かった小遣いとのこと)