キャラクター・登場人物

登場人物

本作では二部構成となっており、日本での試合と世界での試合があるため、
様々なキャラクターが登場します。

本ページでは、登場人物について紹介していきます。
各選手の特徴を覚えておくことも大切です。

全日本メンバー

パスワードの入力が完了したら、Eマークを選択するとゲームスタートになります。
間違ったパスワードでスタートしようとすると「おっと!これはミスキックだ!」と表示される。

名前学校解説
大空 翼南葛中サッカーの天才。全日本をまとめあげるチームの中心的存在。
彼がいることでチームの士気がグンと上がる。
若林、岬は共に全国少年サッカー大会を制した仲間である。

ロベルト本郷のコーチを受け、南米スタイルのプレイを身につけた。
そのうち、オーバーヘッドキック、ドライブシュートが彼の代表的な技。
史上初のV3、Jr.ユース大会制覇と、翼の夢は大きくふくらむ。
日向 小次郎東邦学園東邦学園のエースストライカーで、翼の最大のライバル。
その荒々しいプレイスタイルから野生の猛虎の異名を持つ。

必殺シュートはタイガーショット。
後にパワーアップ版のネオ・タイガーショットを完成させる。
若島津 健東邦学園 東邦学園のゴールキーパーで、日向と共に、東邦学園の中心的存在。

空手の技を応用したダイナミックなディフェンスが彼の特徴。
手刀ディフェンス、三角飛びを得意とする。
岬 太郎小学生時代に翼と二人で「ゴールデンコンビ」と言われるほどの絶妙なコンビプレイで相手を圧倒した。
全国少年サッカー大会で優勝した後、父の仕事の都合でフランスへ渡り、地元の日本人学校へと通う。

フランスでは、草サッカーチームの助っ人としてプレイしていたが、
ある日フランスチームのキャプテンであるピエールから対決を迫られる。
だが、ある理由でこの勝負はJr.ユース大会に持ち越しとなる。

岬は、翼に引けを取らないサッカーセンスを持つオールラウンドプレイヤー。
フランスで岬を探し出すことにより、メンバーとして加わってくれる。
三杉 淳武蔵中華麗なプレイを展開するフィールドの貴公子。
心臓病というハンディを抱えているため、1試合のうち25分間しか活躍できない。
松山 光ふらの中ふらの中のキャプテン。
雪国に育ったガッツ溢れる選手で、「北国の荒鷲」と呼ばれる。

ボールをキープするテクニックは翼にも引けを取らない。
得意のシュートはイーグルショット。
若林 源三小学生時代に翼と同じチームでプレイしていた。
全国少年サッカー大会で優勝を果たした後は、西ドイツへと留学する。

西ドイツでは、シュナイダーと同じチームでプレイするが、
国際Jr.ユース大会では全日本チームへ参加。
シュナイダーとはライバルとして、死闘を繰り広げることになる。

チーム加入後は、全日本の三上監督の要望で、自ら悪役となり、
メンバーに覇気をかけて、チーム強化を成功させた。
ただ、皮肉なことに、メンバーの反感を買ってしまいチームワークの取れなくなった若林は、
大会出場を断念せざるを得なかった。

果たして、若林は試合に出場するのだろうか?
立花 政男・和夫花輪中双子の兄弟らしい息の合ったコンビプレイが特徴。
持ち前の身の軽さで、空中殺法なども使いこなす。

ツインシュート、スカイラブハリケーンが彼らの得意技。
別名「フィールドの染之助・染太郎」
早田 誠東一中カミソリのような切れ味鋭いプレイで相手の動きを封じてしまう。
人呼んで「エース殺しの早田」

得意のカミソリシュートは切れ味バツグン
次藤 洋比良戸中 チームNo1の巨漢。パワー殺法で圧倒し相手を攻め込ませない。

その巨体で人間カタパルトの役割をし、立花兄弟とのコンビプレイ
「スカイラブツインシュート」を完成させた。
石崎 了南葛中チームNo1のガッツマンであり、ファイトだけは誰にも負けない。
それは得意の顔面ディフェンスからも伺える。

また、ギャグを飛ばすのが得意で、立花兄弟と張り合っている。

世界の強豪

名前チーム解説
ジノ・ヘルナンデスイタリアイタリアチームの守護神。
ヨーロッパNo1キーパーと噂される名選手。

その黄金の右腕は、どんなシュートも封じてしまう。
果たして、ドライブシュートは通じるのだろうか。
ファン・ディアスアルゼンチンアルゼンチンチームのキャプテン。
天才的なサッカーセンスを持ち、10年に一人出るか出ないかの逸材である。

個人技に優れ、翼とも互角に張り合う。
ドライブシュートを得意とする。
エル・シド・ピエールフランス フランスチームのキャプテン。芸術的なサッカーを展開し、
その華麗なボールさばきから、フィールドのアーチストと呼ばれる。

スライダーシュートを得意とする。
ルイ・ナポレオンフランスフランスチームで、ピエールと並びチームの核となる選手。
ピエールとのパリ・エッフェル攻撃、そして破壊力バツグンのキャノンシュートには要注意。
カール・ハインツ・シュナイダー西ドイツ 西ドイツの若き皇帝、ヨーロッパNo1ゴールゲッターなどと呼ばれる。

Jr.ユース大会最大の敵。熱きゲルマン魂を持つ彼は、
ファイヤーショットを武器に全日本の前に立ちはだかる。
デューター・ミューラー西ドイツパーフェクトキーパー、幻のキーパーなどと呼ばれ、完璧なディフェンスを誇る。
果たして、翼は、日向は、鋼鉄の巨人ミューラーからゴールを奪うことができるのだろうか。