各機種での違い(SFC・PS・DS・スマホ・Steam版)

各機種の違い

機種 ムービー おまけ
ギャラリー
追加
シナリオ
次元の闘技場 解説
SFC     続編への要素が無いためグッドエンドで完結している
PS 音質がSFC版と異なる
DS 追加要素が全てある
スマートフォン バグや処理落ちがあったが
Steam版準拠にアップデートされ改善されている
現在はオートセーブやクラウドセーブもある
Steam グラフィック選択ができたり(高解像/オリジナル)
ゲームパッド、キーボード、マウスでの操作が可能

ムービー

オープニングデモや一部の場面でセルムービーが流れる。

制作は東映アニメーションなので、ドラゴンボールのような効果音になっている。
キャラはしゃべらない。

PS版・DS版

オープニングデモがセルムービー版になっているため、
SFC版のオープニングデモは削除されている。

PS版は一度ガルディア崩壊ムービーを見た状態でセーブすると、
エンディングムービー後に必ずガルディア崩壊が流れるようになる。
DS版ではこの点は改善されている。

スマホ・Steam版

オープニングはセルムービーとSFC版のデモも見られる。ナイス

おまけ・ギャラリー

おまけ(PS版)・ギャラリー(DS版)

音楽、ムービー、イラスト、モンスターデータ、マップデータ等が
見たエンディングによって解放される。

おまけ(Steam版)

Steam版はタイトルメニューに「おまけ」があり、クリア後から
ムービー、イラスト、サウンド、エンディングが閲覧可能。マップデータなどはない。

追加シナリオ(DS・スマホ・Steam版)

「竜の聖域」、「次元のゆがみ」、「時の闇」が追加されている。
それに付随してアイテムやモンスターなども追加。

次元の闘技場(DS版)

モンスターを育成して通信対戦するミニゲームが追加されている。
ここでは未使用曲であった「戦い2」が使われている。