46億年物語 はるかなるエデンへ

第二章 両生類時代 緑と昆虫たち

3億~2億3000万年前

このステージから昼と夜があります。

パンゲアのかいがん

クリスタルがあり進化のアドバイスが聞ける。

なにもいないとち

敵はいません。ヒソヒソ声が聞け、緑のクリスタルがあります。

パンゲアのうみ

海のあるステージ、水中用の進化をします。HPが全回復するので活用しましょう。
シーラカンスがいますが、EVO.Pが少ないので倒す必要はありません。

よわきなイクチオステガのとち

ここのイクチオステガは近づくと逃げます。

つよきなイクチオステガのとち

ここのイクチオステガはこちらに気づくと攻撃してきます。

両せい類のまもりのとち

強気なイクチオステガと名称不明の突進タイプの敵が登場します。

イクチオステガちょうろうのとち

デブチオステガと戦闘、口から出す液体の威力が高くなかなかの強敵
高台に上り、ジャンプしてくるところを踏むようにできれば簡単に倒せる。

デブチオステガを倒すと、長老と子供が出てくる。
選択肢はどちらにしても影響はない。
長老と子供を倒すことができるが、肉を食べるとHP-999で絶滅してしまいます。

プロトファスマのなわばり

この章で一番の稼ぎポイント
夜になると前後からプロトファスマが出てくるので、一気にHPを減らされないように注意

きょだいハチのなわばり

ハチがイクチオステガを運ぼうとしている。
夜になるとイクチオステガがいなくなり、巨大ハチがこちら目がけて襲ってくる。

コン虫のまもりのたち

ハチがイクチオステガを運んでいる。
夜になると巨大ハチがこちら目がけて襲ってくる。

ハチキングのどうくつ

入口でイクチオステガの父親に会うが死んでしまう、お肉をいただこう(EVO.P 1000)

洞窟内でハチの幼虫をすべて倒すと、ハチキングが登場、戦闘となる
針を飛ばして、最後に針を刺しに突進してくる。
噛み付くと地面に落ち、元の高さまで戻るまでは攻撃をしてこない。
元の位置に戻るまでに何度も噛み付くといい。倒すと肉が4個出る。

洞窟の先に出るとそのまま選択の砂漠となる

せんたくのさばく

メガニウラという胡散臭いトンボとの会話。
進化しなくていいというのはウソで、砂喰い虫の話は本当。

メガニウラは倒すことができるが何度ここに来ても居る。

すなくい虫のさばく

倒せない敵、そして何故かここでは夜がありません。

エダホサウルスのさばく

エダホサウルスの背ビレ攻撃が強力、夜でも寝ずに活動している

モスコプスのさばく

砂の中から出てきて一噛みしてまた潜っていく。
夜になると出たまま歩いているので稼ぎやすい。

時のとびらのさばく

メガニウラがハチクイーンを呼びに行きます。
倒すか見逃すとハチクイーンが登場し、戦闘となる。

針を3発飛ばし、噛み付き突進をしてくる。
ハチキングと同じ戦法で倒せると思います。倒すと肉ではなく蜂の巣が4個出る。


第一章 | 第二章 | 第三章 | 第四章 | 第五章